ここでは、WPアソシエイトポストR2の設定方法と使い方(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの商品リンクが簡単に作成できるプラグイン)について紹介する。

 

WPアソシエイトポストR2とは

 

 

WPアソシエイトポストR2(WP Associate Post R2)とは、無料でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクをまとめた商品広告を表示してくれる便利プラグインである。

 

要するにカエレバ(今だと楽天ベース)のようなもので、WPアソシエイトポストR2だとAmazonをベースに楽天、Yahoo!ショッピングのリンクを作成してくれるのだ。

もちろんだが、Wordpressプラグインなので記事投稿画面内で全ての作業を完了できる点も非常に良い。

 

・WPアソシエイトポストR2だと、商品によっては商品価格も表示される(良いか悪いかは分からない)

・広告デザインも5種類あるので、自分の好きなデザインを選べるところも良い。

・広告商品の紹介料率の比較、確認もできる。

・Googleアナリティクスで広告のクリック数を計測することも可能。

 

保安官エヴァンスの嘘(1) (少年サンデーコミックス)

保安官エヴァンスの嘘(1) (少年サンデーコミックス)

栗山ミヅキ
発売日: 2017/09/15
Amazonの情報を掲載しています

 

WPアソシエイトポストR2だと、上記のような商品広告が簡単に作れる。

 

ただ、WPアソシエイトポストと同時に使用することで不具合が発生する場合もあるようで、「HTML Editor Syntax Highlighter」と「AdSense Manager」のプラグインが挙げられている。

 

注意しよう。

 

参考➡同時使用でバッティングするテーマ / プラグインおよび既知の問題の報告・改善状況

 

WPアソシエイトポストR2の設定方法と使い方

 

WPアソシエイトポストR2(WP Associate Post R2)の設定方法としては、管理画面(ダッシュボード)から、「プラグイン」、「新規追加」へと進む。

 

 

そうしたら、画面が「プラグインを追加」に切り替わる。

右側にあるキーワードの検索欄に「WP Associate Post R2」と入力する。

入力後は、WP Associate Post R2の項目が画面に表示されるので、そこにある「今すぐインストール」ボタンをクリックする。

めがね
インストール時のバージョンは、2.3でした。

 

 

インストール後は、「有効化」ボタンをクリックする。

 

設定方法

 

プラグインの有効化が終われば、管理画面(ダッシュボード)から「設定」の項目に移動する。

 

 

「WPアソシエイトポストR2」をクリックすれば、WPアソシエイトポストR2 設定画面が表示されるので、項目を入力していく。

 

 

Amazonアソシエイト / Product Advertising API

 

①「Amazonアソシエイトのリンクを有効にする」をクリックする。

②説明に従いIDやアクセスキーを入力していく。

・アクセスキーID

・シークレットアクセスキー

・トラッキングID

を説明通りに入力した(画面のこちらを参考に)。

 

ちなみに、AmazonアソシエイトのリンクURLを短縮したい方は、「Bitly アクセストークン」の入力欄にも入力する。

その際にも、画面に表示されているこちらをクリックして説明通りに入力する。

 

 

楽天アフィリエイト

 

①「楽天アフィリエイトのリンクを有効にする」をクリックする。

②説明に従いIDを入力していく。

・アプリID

・アフィリエイトID

を説明通りに入力した(画面のこちらを参考に)。

 

Yahoo!ショッピング / バリューコマースアフィリエイト

 

①「Yahoo!ショッピングのリンクを有効にする」をクリックする。

②説明に従いsidやpidを入力していく。

・sid

・pid

を説明通りに入力した(画面のこちらを参考に)。

 

 

テンプレート

 

スキンCSSを選択する。

私は、スタンダードにしておいた(詳しくは画面のこちらをクリック)。

 

その他

 

Googleアナリティクス連携をしたい場合には、「Googleアナリティクスを使ってクリック数を計測する」をクリックする(詳しくは画面のこちらをクリック)。

 

入力が終わったら、「変更を保存」ボタンをクリックする。

これで、基本的な設定は完了である。

 

商品リンクの貼り方

 

設定が終わったら、投稿ページor固定ページの「新規追加」をクリックする。

WPアソシエイトポストR2で商品リンクを作成する際は。記事投稿画面内で行うことになるのだ。

 

 

ここでは、投稿ページ内にて商品リンクを作成してみる。

「ビジュアル画面」でも「テキスト画面」でも良いので、商品リンクを作成したい場所にカーソルを移動させたのち、エディタ上にある「商品リンクを追加」ボタンをクリックする。

 

 

すると、画面に検索窓が表示されるのである。

そこに、商品リンクにしたい商品名を入力する。

 

試しに「保安官エヴァンスの嘘」と入力し「検索ボタン」をクリックしてみた。

そうしたら画面に検索結果が出てくるので、そこから「お好みの商品(保安官エヴァンスの嘘 1)を選択」し、クリックする。

 

 

すると、商品リンクが表示される。

この時、注意する点があるそれは「検索キーワード設定」がAmazon商品のタイトルとなることだ。

なので、「楽天市場で検索、Yahooショッピングで検索」ボタンをクリックして、無事に商品リンクが表示されているかを確認しておく必要があるのだ。

 

 

無事に商品リンクが表示されていれば問題はないが、商品によっては表示されない場合もあるので、その際には「検索キーワード設定」を変更する必要がある。

 

 

こんな感じで簡単に変更できるのだ。

 

 

で、「楽天市場とYahooショッピング」の商品リンクの確認が終わったら、

 

・標準

・画像・テキスト(横)

・画像・テキスト(縦)

の中から好きなデザインを選んで、「挿入してウインドウを閉じる」をクリックしよう。

 

 

ビジュアル画面だと、商品リンクはこんな感じに表示される。

 

 

テキスト画面だと、商品リンクは上記のようにショートコード化されているのだ。

 

 

記事を公開(プレビュー表示)した場合には、PC(パソコン)だと上記のようになる。

 

 

スマホ(スマートフォン)で見た場合には、上記のようになる。

WPアソシエイトポストR2だと、カエレバみたいにボタンが大きく表示されることはないが、これはこれで良い感じに表示されていると思う。

 

以上で、WPアソシエイトポストR2の設定方法と使い方(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの商品リンクが簡単に作成できるプラグイン)についての解説は終了する。