カテゴリー:アフィリエイトブログの記事一覧

カテゴリー:アフィリエイトブログ
エックスサーバーで運用中のWordPressのサイト(ブログ)をhttpsにSSL化する方法

 

ここでは、エックスサーバーで運用中のWordPressのサイト(ブログ)をhttpsにSSL化する方法を紹介する。

 

運用中サイト(ブログ)のSSL化

 

 

まず、SSL化するにはやることがたくさんあるので、それを一通り挙げておく。

 

SSL化

①無料独自SSL設定の追加(https化)

②WordPressの一般設定

③内部リンクを置き換えるコードの追加(子テーマなどに)

④リダイレクト設定(自動転送)

⑤Googleアナリティクス・サーチコンソール・GRC(検索順位チェックツール)の設定

 

細かい修正点

⑥サイト(ブログ)のウィジェット画像などをhttpsに変更

⑦保護されていない全てのページを保護された通信(https)にする。

⑧他サイト(自分の)からのリンク修正

⑨ASPの登録サイトのURL修正

⑩リダイレクトチェックもしておくと良い。

⑪インデックスされない時は、Fetch as Googleもしておくと良い。

 

SSL化

 

ではSSL化を行う。

ちなみに、①、②、④は下記のページを参考にする。

 

エックスサーバーで無料独自SSL設定の追加(https化)を行う方法

 

①無料独自SSL設定の追加(https化)

 

無料独自SSL設定の追加は、下記のページを参考に行う。

 

無料独自SSL設定の追加(https化)

 

②WordPressの一般設定

 

WordPressの一般設定は、下記のページを参考に行う。

 

WordPressの一般設定

 

③内部リンクを置き換えるコードの追加(子テーマなどに)

 

内部リンクを置き換えるコードの追加は、内部リンクをSSL化するために行うものである。

 

これは、「Search Regex」というプラグインを用いて行う方法もあるのだが、失敗したときが恐いので、私は、functions.phpにPHPコードを追加して内部リンクをSSL化する方法を試みた。

 

でそのコードは、下記のサイトを参考にし「子テーマ」のfunctions.phpにPHPコードを追加した。

(カエテンWPだと子テーマがあるので今後のアップデートを考えた場合、子テーマに追加した方が無難である)

 

コード参考➡内部リンク等のURLを表示前にPHPで置換する

 

 

カエテンWPのテーマで、functions.phpにPHPコードを追加する場合だと管理画面(ダッシュボード)から「外観」、「テーマの編集」に移動。

 

 

テーマの編集ページにある、「テーマのための関数(functions.php)」をクリックする。

 

 

そうすると、functions.phpの画面になるのでここに先ほどのコードを追加する。

 

私は、「これより上は削除不可」と記載された場所から、一行開けた場所にコードを追加した。

(実際、コードを追加する場所がここで合っているのか分からないので、不安な方は下記で紹介しているプラグインを使用した方が無難である)

 

 

コードの追加が終わったら、「ファイルを更新」ボタンをクリックする。

これで、内部リンクコードの追加は完了である。

 

ただ、どこにPHPコードを追加したら良いのかが分からない場合には、「Code Snippets」というプラグインを使用すれば自動でfunctions.phpにコードを追加してくれるので問題が解決する。

 

Code Snippetsの設定方法と使い方(functions.phpにPHPコードを追加できるプラグイン)

 

④リダイレクト設定(自動転送)

 

リダイレクト設定は、下記のページを参考に行う。

 

リダイレクト設定(自動転送)

 

⑤Googleアナリティクス・サーチコンソール・GRC(検索順位チェックツール)の設定

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスの設定は、https化したサイト(ブログ)を選択した後、管理画面から行うのでGoogleアナリティクスにまずは移動する。

 

こちらからどうぞ(下記)

 

Google Analytics

 

 

https化したサイト(ブログ)を選択し、移動した後は「管理」の項目をクリックする。

 

 

「プロパティ設定」をクリックする。

 

 

「デフォルトのURL」とあるので、そこを「https://」に変更する。

 

 

終わったら、「保存」ボタンをクリックする。

 

 

次は、先ほどの画面から「ビューの設定」をクリックする。

 

 

ここも、先程と同様に「ウェブサイトのURL」を「https://」に変更し、終わったら、「保存」ボタンをクリックする。

 

これで、Googleアナリティクスの設定は完了である。

 

サーチコンソール

サーチコンソールは、新規にhttpsでサイト(ブログ)を追加しなければならない。

その際不要になったものは削除しても良いようだが、残していておいて必要なくなってから削除しても良いようだ。

追加方法としては、下記のページで紹介する。

 

サーチコンソール(Google Search Console)への登録方法

 

GRC(検索順位チェックツール)

GRCを購入している方は、GRCも設定しておく。

GRCの「検索設定」から「URLのhttpとhttpsの違いを無視」にチェックを入れておくと、検索順位を取得できるとのこと。

 

検索順位チェックツールGRC

 

細かい修正点

 

⑥サイト(ブログ)のウィジェット画像などをhttpsに変更

 

 

サイト(ブログ)のウィジェット(サイドバー)やヘッダーに画像やURLを張っている場合には、忘れずに「https」に変更しておく。

 

プラグイン等で、画像を表示している場合も同様に修正しておく。

画像などは、再度アップロードすれば自動でhttps化される。

 

あと、グローバルメニューとフッターメニューで、ホーム等の「カスタムリンク」を作成している場合には、こちらも忘れずに「https」に変更しておく。

 

⑦保護されていない全てのページを保護された通信(https)にする。

 

 

次は、サイトマップなどで全てのページを確認して、アドレスバーが緑色の「保護された通信 | https」になっているかを確認する。

(もしかしたら、もっと他に楽な確認方法があるかもしれないが、わからなかったので目視で確認した次第)

 

で、もし緑色になっていないページを見つけたら、画像などのURLが「http」のままだと思うので、画像を張り替えたりして緑色の「保護された通信 | https」に修正する。

 

私の場合には、ほとんどが置き換えていないASP(メディパートナー、フェルマ)などの画像等であった。

あと、A8.netのリンクなども「http」の部分があったので、新しいものに張り替えた。

 

⑧他サイト(自分の)からのリンク修正

 

自分の他サイト(ブログ)から、https化したサイト(ブログ)にリンクを張っている場合には、そのURLも変更しておこう。

 

ちなみに、この場合httpのURLを変更しなくても自動でhttpsにリダイレクトされるので別に問題はないのだが、直せるなら直しておいた方が無難。

 

⑨ASPの登録サイトのURL修正

 

各ASPに登録したサイト(ブログ)のURLの変更もしておく。

 

・Amazonアソシエイト

・アドセンス

 

などは、登録したURLの変更はしなくても良いようだ。

 

A8.net

 

ちなみに、A8.netだと「登録情報」から、「サイト情報の登録・修正」に進んでURLの変更を行う。

 

 

「修正」をクリック。

 

 

URLの項目を「https」から始まるURLに変更。

終わったら、「確認」をクリックする。

 

 

内容を確認後、「修正する」をクリックする。

これで、A8.netのURLの変更は完了である。

 

で、他のASPもこんな感じに進めていく。

 

⑩リダイレクトチェックもしておくと良い。

 

 

リダイレクト後の確認として、https化したサイト(ブログ)のリダイレクトチェックをしておくのも良い。

 

リダイレクトチェッカー

 

こちらのサイトだと、301リダイレクトを2回していても、しっかりと追って表示してくれる。

通常(http~https)だと、301リダイレクトが1回になっているはずだ。

 

●301=リダイレクト

●200=OK(問題ないということ)

 

⑪インデックスされない時は、Fetch as Googleもしておくと良い。

 

 

サイト(ブログ)をSSL化した後は、なかなかインデックスされずアクセスが減っていて、気になる方は「Fetch as Google」をしても良いと思う。

私の場合には、SSL化後2~3日たってもアクセスが戻らなかったので、Fetch as Googleをした次第。

 

Fetch as Googleをすることで、Googleに再クロールをお願いできるのである。

 

Fetch as Googleで再クロールを依頼する方法

Fetch as Googleで再クロールをお願いするには、まずは、サーチコンソールに移動しよう。

 

サーチコンソール

 

サーチコンソールに移動後は、再クロールをお願いしたい「httpsのサイト(ブログ)」を選択する。

 

 

次は「クロール」をクリックして、「Fetch as Google」をクリックする。

 

 

「Fetch as Google」のページでは、テキストボックスは空欄にし、デバイスを選択後、「取得」ボタンをクリックする。

 

 

何も問題がなければ、そのまま「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックする。

 

 

送信方法の選択では、

「私はロボットではありません」にチェックし、「このURLと直接リンクをクロールする」を選択して、「送信」ボタンをクリックする。

 

 

これで、Fetch as Googleで再クロールをお願いできたはずである。

ヒッキー
終わったーー!!

 

まとめ

 

https化することで、一週間前後はアクセスが激減するが最終的には戻ってくるサイト(ブログ)や、何も変化しないサイト(ブログ)、アクセスが若干増えるサイト(ブログ)などがあるようだ。

 

それとSSL化を自分でするのに自信のない方は、誰か詳しい方にやってもらうという方法もあるようだ。

SNSなどでは、「SSL化を数千円でしてもらった」と、つぶやいている方もいる。

たぶん、ココナラとかでやってもらったんだろう。

 

ココナラ

 

あと、STINGER5がテーマだったサイト(ブログ)をSSL化してみたところ、上手くSSL化できなかった。

ググってみると、SNS関連のコードに問題があるようだったので、私は、この機会に「アフィンガー5」へとテーマの変更を行った。

 

WING(AFFINGER5)

サーチコンソール(モバイルユーザビリティ)で問題のあるページを改善した

 

サーチコンソールを何気なく見ていて、検索トラフィックの「モバイルユーザビリティ」を確認してみたらGoogleから「問題のあるページ」を指摘されていた。

 

 

それによると、

サイトに影響を与えるモバイルユーザビリティの問題を解決してください。ウェブサイトにモバイルユーザビリティの問題があると、モバイル検索結果に表示されないことがあります。

などと書かれていて、

 

私のサイト(ブログ)には、

1:クリック可能な要素同士が近すぎます

リンクやボタン同士が十分に離れている状態にしてください

 

2:コンテンツの幅が画面の幅を超えています

横にスクロールすることなくページ全体を表示できるようにしてください

などと書かれていた。

 

 

なので、言われた通り近すぎるリンクなどを離したり、表をスマートフォンで見た時にスクロールできるようにして、しばらく様子を見守っていたところ「問題のある4ページ」が改善された。

 

 

それによって、若干サイト(ブログ)の順位も向上したように感じたので、

私のようにモバイルユーザビリティで「問題のあるページ」を指摘されている場合には、改善するようにした方が無難だと思う。

WordPress Popular Postsが重いようなので、エックスサーバーが推薦する改善方法を試してみた

 

Twitterなどで私も知ったのだが、Wordpressのプラグインに「WordPress Popular Posts」というサイドバーに人気記事を自動で作成してくれるプラグインがあって、

 

これが仕様変更以降、

「サイトやブログの表示速度が遅くなる」ということが言われているようだ。

確かに最初の頃と比べてサイト(ブログ)が遅くなった、と私も感じていたが、「WordPress Popular Posts」が原因だったとは・・・

 

バージョン「4.0.0」での仕様変更以降、「コンテンツ表示速度の低下」や 「サーバーへの過負荷」が発生するケースを多数確認しております。 当サービスでも同プラグインをご利用のお客様が多くいらっしゃるため、 コンテンツ表示速度の向上や、サーバーに対する負荷の軽減が見込める推奨設定をご案内いたします。

 


 

■プラグイン「WordPress Popular Posts」のアップデートについて

「WordPress Popular Posts(4.0.0~4.0.9)」においては、  不具合によりキャッシュ機能が正常に機能しません。  推奨設定でご利用になる場合は、事前に最新版へアップデートしてください。

 

出典:エックスサーバー

 

で、エックスサーバーが推薦する設定があるようなので私もそれを試してみたところ、確かに以前よりもサイト(ブログ)が軽くなったので、

「WordPress Popular Posts」をサイト(ブログ)に導入している方は、やってみた方が良いと思う。

 

ちなみに、推薦する設定で利用する場合にはバージョンが(4.0.0~4.0.9)だと正常に機能しないようなので、最新版へのアップデートが必要。

アップデートしてから、設定を変更するようにしよう。

 

WordPress Popular Postsを重い状態から、軽くする設定方法

 

実際のやり方は簡単だった、2分~3分くらいあれば終わる。

 

 

まず、管理画面(ダッシュボード)から、「設定」へと進んで「WordPress Popular Posts」をクリックする。

 

 

ページが変わったら、「ツール」をクリックする。

 

 

そうしたら、「データ」の項目に移動して設定内容を変更する。

 

○WPPキャッシュ期限ポリシー:「キャッシュする」を選択。

○キャッシュ更新間隔:「1時間」以上を選択。

○データサンプリング:「有効」を選択。

 

設定を変更後は、「適用」をクリックする。

これで、サイト(ブログ)が軽くなる。

ヒッキー
めちゃくちゃかるいんよー。
【カエテンWP-JOY】記事ごとにヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバーなどを入れ替える方法

 

ここでは、【カエテンWP-JOY】記事ごとにヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバーなどを入れ替える方法を紹介する。

 

記事ごとにヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバーなどを入れ替える方法

 

サイトやブログを始める初心者の方は、サイト(ブログ)のテーマ(内容)を一つに絞ることは難しく、いわゆる「雑記ブログ」になりがちである。

 

そんなときは、記事ごとにヘッダー画像、グローバルメニュー(ヘッダーメニュー)、サイドバーなどを入れ替えることで、統一された雰囲気を出すのも良いかもしれない。

ただし、この方法だと「カエテンWP-JOY」のようなヘッダー部分のフリースペースが、前もって搭載されたテンプレートでなくてはならないのが注意する点である。

めがね
カエテンWP-JOYは、下記のページから入手できます。

 

カエテンWP-JOYの入手ページ

 

で、実際に記事ごとにすべてのページを入れ替えるとなると、

例えば、200ページとかの記事数があるとかなり大がかりな作業になると思うので、暇な時にするのがおすすめである。

 

下記のページを参考に進めていけば、簡単に記事ページを切り替えられるのだ。

 

ヘッダー画像
グローバルメニュー
サイドバー

 

切り替えに成功すると、たぶん下記のような感じになっていると思う。

 

 

ヒッキー
成功なんよ~

 

ちなみに、グローバルメニューは投稿と固定の編集ページで修正しないといけないので少しめんどくさいが、全部切り替えるとそれらしいサイトができあがるのでやっておく価値は十分にあると思う。

 

以上で、【カエテンWP-JOY】記事ごとにヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバーなどを入れ替える方法の解説は終了する。

 

関連記事

カエテンWP-JOY(ジョイ)のテンプレートがWordpress初心者にオススメな理由

カエテンWP-JOY(ジョイ)のテンプレートがWordpress初心者にオススメな理由

ここでは、カエテンWP-JOY(ジョイ)のテンプレートがWordpress初心者にオススメな理由について紹介します。なぜWordpress初心者は、カエテンWP...

投稿 2018/01/23