ここでは、コピペチェック|無料ツールを使用しない方法とは、について紹介する。

 

コピペチェックとは

 

コピペチェックとは何ぞ!

コピペチェックとは、依頼した記事がコピペされたものでないかどうかをチェックする作業である。

ちなみに、コピペとは記事の文章が他人のサイトやブログの「コピー&ペースト」によって、ただ張り付けられただけの文章のことである。

 

どうしてコピペチェックが必要なのか

 

 

では、どうしてコピペはダメで、わざわざめんどくさいチェック作業をしなければならないのか。

 

それは例えば、検索エンジン上に同じ内容の記事が複数存在することを、Googleが嫌うからなのである。

仮にもし、Googleがこうしたコピペ記事を容認した場合、Googleの検索エンジン上には、コピペ記事だらけになってしまう可能性がある。

そうなると、誰もGoogleの検索エンジンを利用しなくなる恐れがある。

なので、Googleはそういったことにならないように、コピペ記事に制裁を加えるのである。

 

重複コンテンツ

Googleからの制裁、具体的には「重複コンテンツ」という扱いになる。

それは検索順位を下げることだったり、記事を載せないように検索エンジンから排除することだったりする。

なので、実際記事の外注などをする場合には十分に注意しないといけない。

SEOの知識がない人が、軽い気持ちで「キュレーションサイトがやっているから」とか、2ちゃんねる感覚で、他人の記事を転載している人も多いのである。

 

コピペチェック方法

 

では、実際に外注した記事が、コピペされていないかのコピペチェック方法を紹介する。

 

無料ツール

 

コピペチェックには、無料ツールを使用する人も多いが私はあまり使用しない。

なぜなら正確さに欠けるからである。

 

Yahoo!orGoogleの検索エンジン

 

私がコピペチェックを行う際には、Yahoo!orGoogleの検索エンジンに、記事の一文(一行くらい)をコピーして、順番に検索していく。

そうすると、他のサイトと重複している文章だけが黒い太文字で表示されるのである。

 

 

なので、上記のように重複箇所が多い場合には、コピペ記事だと判断できるのである。

私の経験から言うと、どこかしらコピペされた箇所があると、その記事はすべて使えないコピペ記事であることが多い。

いわゆる「ごみ記事」になってしまうのである。

 

追記:最近では、この検索エンジンを使用したコピペチェックが文字数制限のせいで、やりずらくなっているので、私は、指定したキーワード(外注記事)で検索をかけて、上から似たような文章がないか見ていく、ということも行っていて、記事がコピペとかリライトの場合にはほとんどが上位の記事(1位~10位)から文字を引っ張ってきているので、この方法でもある程度は判断がつくのだ。

 

外注記事がコピペだった場合の対策

 

ちなみに、記事がコピペだらけのごみ記事だった場合、私は全文を「リライト」というかもう全く別な記事へと変えてしまう。

「何なら自分で書いた方が早くかけたんじゃね」っといった具合だから、外注したことが馬鹿馬鹿しくなってしまうくらいまでに、内容を書き換えるのである。

 

もう一つの方法としては、「そいった記事は一定数含まれているので良し」といった考えで、割り切ってゴミ箱に捨てるのである。

正直、記事にかけたお金はもったいないのだが、「Googleからペナルティーを受けるよりはマシ」と考えるのである。

であるからして、外注記事は「業者側がチェックしているから大丈夫だろう」とか、「お金を払ったからしっかりとやってくれるだろう」といった考えで、安易に信じてはいけないのだ。

 

以上で、コピペチェック|無料ツールを使用しない方法とは、についての解説は終了する。

 

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

このページでは、稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方について紹介する。雑記ブログとは雑記ブログとは何ぞ!雑記ブログは、要するに普通のどこにでもある、Wordpress...

投稿 2017/04/12

 

関連記事

 

記事代行サービスと記事作成代行業者比較!