カテゴリー:日記
ホームPage 4 / 512345
  • 日記

 

サイトやブログを運営していると、たまにだがユーザーからお問い合わせメールが届く。

 

差出人:A
題名:○○
メッセージ本文:■初めまして~~
○○をみたんですけど・・・、○○の情報について教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

 

このような具合のメールが届く。

で、こうしたメールに回答メールを送信すると、ユーザーから「ありがとうございます。」の返信がくる。

 

そうするとこの場合の返信は、どうするかと悩むのである。

なのでここでは、そうした「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方について紹介する。

 

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方について

 

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方としては、様々だ。

なぜなら、シチュエーションにもよるからである。

 

一般的にみて「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」とは、お礼なので、その返答として代表的な言葉を下記で紹介する。

これを「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)に使用すればいいと思う。

 

例:仕事、上司、目上の人、謙遜、初対面の人

 

「どういたしまして」

「恐れ入ります」

「恐縮です」

「とんでもございません。お役に立てればうれしいです」

「とんでもないです」

「こちらこそ、お役にたてて、うれしいです」

「嬉しいお言葉、痛み入ります」

「こちらこそありがとうございます」

「どうというわけでもありません」

「気になさらないでください」

「お気になさらないでください」

「どうかお気になさらないでください」

「そのことでしたらお気になさらずに」

「喜んでいただけて幸いです」

「お役に立てて嬉しいです」

「お役に立てれば幸いです」

「お役に立てて良かったです」

「いえいえ、とんでもないです。至りませんで」

「他にもお手伝いできることがあれば、お申し付けください」

「光栄です!」

「こちら(私)こそいい勉強になりました。ありがとうございました」

「いえ、いえ・・」

「いえ、どういたしまして」

「また何かありましたら声掛けてください」

「また何かありましたらご連絡ください」

「参考になれば幸いです」

「ご丁寧にありがとうございます」

「ついでですから」

「こんどおごってください!」

「うれしいこと言ってくれますね」

「褒められて、鼻高々です」

「承知しました」

「承知いたしました」

 

例:友達・ライバル(敵対する相手)

 

「また何かあったら言ってね」

「また何かあったら遠慮なく聞いてね」

「気にしないでいいよ」

「頑張れよ!」

「また相談乗るよ!」

「こんどおごれよ!」

「その言葉忘れんなっ」

「そんなことは知らん」


 

このように「ありがとうございます、ありがとうございました」へのお礼への返答としては様々である。

なので、上司や初対面の人、目上の人に返信(返事)する場合には、丁寧に答えつつ、友達などには、くだけた言い方で返信(返答)した方がいいようだ。

 

ちなみに、私は「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」の返信(返事)を貰ったら、

「いえ、私は当たり前のことをしただけで、特別なことをしたわけではありません」

と謙遜してみようと思う。

カテゴリー
タグ
  • 日記

 

ちまたには、自称無職と名乗る人がいます。

自称無職の意味は、人によって、使い方がさまざまです。

ここでは、自称無職と本当の無職との違いを紹介します。

 

自称無職とは

 

■自営業

たとえば、自営業をしているけれど、売り上げが実質ないので、自虐的に「自称無職」と名乗る人がいます。

この場合、正式な職業欄には、「自営業」と記載するので、本当に無職というわけではありません。

あくまで自称に過ぎないのです。

 

■フリーター(アルバイト)

そのほか、フリーターなど、アルバイトの仕事はしているけれど、正社員になれなかった人が、自虐的な意味で、「自称無職」ということがあります。

 

■主婦

ほかにも、家庭に入って主婦として働いている人が、社会との接点がない点をとらえて、そうした言葉の使い方をする場合もあります。

いずれにしても、この言葉の使い方の裏には、どこか自虐的な意味合いが含まれていることに注意が必要です。

 

自営業の人も、フリーターも、主婦も、きちんと仕事をしています。

たとえ、売り上げが上がっておらず、結果がついてきていなかったとしても、毎日、自営業の仕事をがんばっていれば、それは無職とは言いません。

夢を追っている間、経済力がないのを補うために、アルバイトをしているのだとしたら、それも無職ではないのです。

アルバイトであったとしても、立派な社会貢献であり、社会にとってなくてはならない存在です。

そのことを忘れないようにしましょう。

 

また、主婦は、家事労働を担う、立派な一つの職業です。

男女平等が叫ばれ、女性も社会に出て働かなければ働いたうちに入らないと考える人がいますが、そんなことはありません。

家庭を支える仕事も、とても大切な仕事の一つなのです。

家事労働を担ってくれるからこそ、子どもが学校生活に集中できたり、夫が仕事に集中できたりするのですから、家事労働をばかにしてはなりません。

 

結局、「自称」というのは、自分でそう名乗っているだけで、本当は無職ではないということに気をつけましょう。

 

本当の無職とは

 

本当の無職は、定年退職後、何の仕事にもついていない人や、ニートなどをさします。

全く仕事をしておらず、社会との接点がない人のことなのです。

もちろん、仕事をしていなくても、学生は、「学業」というやるべきことに取り組んでいるため、無職とは言いません。

勉強もせず、社会との接点も持たず、経済的活動を一切しない人が、「真の無職」です。

そのため、無職の人数はそれほど多くはありません。

ただ、若者を中心にニートが増えているのが現実です。

親の経済力に甘んじて、労働をしない人が増えているのは問題です。

 

関連記事

カテゴリー
タグ
  • 日記

 

ここでは、スマホ(Android)で画面のスクリーンショット(画像)を撮る方法(やり方)について紹介する。

 

スクリーンショット機能

 

スクリーンショット機能とは、いわゆる「スクショ」であり、「スクリーンキャプチャー」のことである。

コンピューターやスマホなどで表示される画面上のデータを保存できる機能である。

 

で最近では、ブログなどでアプリの解説をする際にもよく使用されているから、私も使用したくなったのである。

 

スマホ(Android)で画面のスクリーンショット(画像)を撮る方法

では実際に、スマホ(Android)でスクリーンショット機能を使用するにはどうすればいいのか、というと

まず、スクリーンショットを撮りたい画面に移動する。

そうしたらそこで「電源ボタン」と「音量のマイナスボタン」を同時に長押ししよう。

すると、「カシャ」と音が鳴って画面上に「スクリーンショットを保存中・・・」の表示が出て画像データが保存される。

これで、スマホ(Android)でのスクリーンショットの撮影は完了である。

 

実際、スクリーンショット機能はアプリとかをインストールしないとできない、とか思って敬遠していたのだが、かなり簡単に「スクリーンショット」というのはできるのであった。

カテゴリー
タグ
  • 日記

 

Aさん

セミリタイアなんて、余裕っすよ。

 

Aさんのセミリタイアとその後

30代のAさんが勤めていた職場(正社員)をセミリタイアしました。

彼の元手は1000万円だったそうです。

その後、彼はまた社畜として働きだしたそうです。

 

1000万円でのセミリタイアは無理ゲー

私もセミリタイアする前は、1000万円でもあればセミリタイアしてやると思っていたが、1000万円あっても現実には、働かないと年金受給までの間に餓死してしまう。

そうまったくもって無理ゲ―である。

ただし1000万円を上手に運用し、アルバイトなどの簡易的な仕事をこなしながらなら、なんとかギリギリでやっていける状態である。

しかしこれでは貯金もなんにもできないし、贅沢をすることもできないから辛くなる。

常人にとっては、クリア不可能なゲームを永遠にやらされているのと同じである。

 

仮に1000万の資金でセミリタイアしたとしよう、始めは何とかなると思っていても日に日にお金がなくなっていく。

一人暮らしなら、田舎でも毎月10万円以上はかかるのである。

実家に寄生するなら、税金と親への貢物がいる。

 

資産運用

賢い人なら1000万円あるなら資産運用をしよう、と考えるだろう。

この場合には、不動産にする。

 

不動産なら、よほどのダメ物件を掴まない限りは安定して資産を築いていけるが最初の資金が1000万しかないなら、ある程度規模の大きいアパートなどは買えないし、買えたとしてもボロ物件でリフォームが必要になる。

だから、アパート経営は断念するしかない。

 

 

そこで今度は、「戸建運用」に乗り出すことになる。

戸建ならアパートよりも安価で購入できるからである。

しかし、その場合には毎月の収益はあまり期待できない。

利回りは良くて10%~15%くらいだろうか。

悪い場合には、これがもっと落ちる。

 

つまり、1000万円を戸建住宅として運用すると良くて毎月10万円が振り込まれる。

そうなると到底この10万円だけでは普通の生活ができないので、もう一度働くことになる。

ただし、この間に自分の考え方を改め直して

「1000万円では生活ができないから、在宅で副業でもしよう」

という気持ちになって、副業に取り組めば「家賃収入+在宅ワーク」の収入で毎月15万円~20万円くらいにはすることができるから、1000万円でセミリタイアしたい人は必ず何かしらの副業をしなくてはならない。

じゃないとセミリタイアなんて、到底できないのである。

めがね

こちら(下記)の記事では、家でできる副業を比較しています。

参考にしてみてください。

 

 

2000万円でセミリタイアしたらどうなる

 

 

で、セミリタイアする前に2000万円くらい貯めといてそれからセミリタイアすれば、

家賃収入20~25万円+在宅ワークの収入10万円

で毎月30~35万円くらいは振り込まれるようになる。

そして、出費を最低限に抑えることで貯金が毎月20~25万円くらいはできるようになって、最終的には毎年不動産が購入できるほどにリッチになる。

 

そうなると、月収100万円もそう遠くない未来に達成できるし、他の事業に手を出すことも可能になってどんどんお金持ちなることができるから、セミリタイアするなら2000万円くらいは貯金してからの方が良いのである。

カテゴリー
タグ
ホームPage 4 / 512345