ワードプレスの設定に、パーマリンクの設定があるのだがこれがけっこう大事な設定だからサイトやブログを作った段階で早めに設定する必要がある。

ここでは、パーマリンクの設定について紹介する。

 

パーマリンクとは

 

そもそも「パーマリンクって何っ!!」

 

パーマリンクとは、ブログやサイトの個々のページに与えられたURLである。

 

なぜ設定・変更しないといけないのかについては、ワードプレスは初期設定で記事を更新していくと、パーマリンク(URL)が

「https://hikkirabo.com/?p=149&preview=true」という形式になるからである。

これは、動的URL(?、=)と呼ばれ、SEO的にあまりよろしくないとされている。

 

ちなみにワードプレスでこの変更を行うことは、「パーマリンク設定」と呼ばれる。

 

パーマリンク設定について

 

では、さっそくパーマリンク設定を行うことにする。

サイトにまだ、何も投稿していないとか投稿記事が1記事ぐらいなら変更しても大丈夫だろう。

ただしサイトの規模が大きい場合には、今までのSEO効果が全て無になることがあるから気をつけよう。

このパーマリンク設定は、ほんとに最初にさわるだけにしておかないと後からさわると、ほんとめちゃくちゃになるから気をつけて欲しい。

 

あとテンプレートによっては、元から設定してあったり、設定を指定しているものがあるらしいから、確認しておくことが必要だ。

 

設定方法

 

管理画面(ダッシュボード)から設定、そしてパーマリンク設定に進む。

すると、下記のような画面が現れるはずだ。

 

 

私はそこで数字ベースを一度選択し、カスタム構造が「/archives/%post_id%」の表示に変わったのを確認して、カスタム構造を選択したのだが、この場合、カスタム構造は数字ベースとあまり変わりはないらしい。

 

 

選択後は、変更を保存で設定が反映される。

 

パーマリンク設定は、他にも様々あるので自分に合ったものを探すということもできるのだが、別にこの設定でも問題はない。

 

固定ページの日本語URLの問題

 

またパーマリンク設定を変更しても、固定ページだけが日本語URLになっている場合がある。

私のサイトがそうだった。

 

これは別に悪いことでもないらしいのだが、日本語のURLになっている場合には、変更した場合がいいこともある。

 

例えば、もし誰かが私のサイトのリンクを貼ろうと意気込んで、日本語URLをコピペしたとする。

すると、さっきまでは日本語表記(https://hikkirabo.com/エックスサーバー~)だったURLが、こんな長ったらしいURL(下記)になって出てくることになる。

https://hikkirabo.com/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%EF%BC%88%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%EF%BC%89%E3%82%92%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%97%E3%81%9F

 

これではきっと、リンクを貼る方も「めんどくさい」と思ってしまうかもしれないし、見た目にもあまりいいものとは言えない。

なので、私は変更する。

 

変更方法は、固定ページ、固定ページ一覧で変更したいページを開くことで可能だ。

 

 

 

パーマリンクの後ろにある「編集ボタン」をクリックし、パーマリンク設定を消して、自分の入れたい文字(ローマ字など)を入れて「OK」をクリックする。

 

 

すると、上記のようなURLに変更される。

ちなみに固定ページで、親ページを設定しているとそのURLも変更する必要があるし、後から子ページに変更すると、URLが変わるので注意しなければならない。

 

固定ページ(変更後)

親(https://hikkirabo.com/ahwirieitoburogu)

子(https://hikkirabo.com/ahwirieitoburogu/pamarinku)

 

パーマリンク設定が反映されない

 

ちなみにこのパーマリンクを設定しても、その設定が画面上に反映されない場合がたまにある。

このサイトがそうだった。

いくら投稿ページで確認しても、反映されていないのである。

原因はプラグインにあるのかもしれないと、それらしいものを停止したりもしたが一向に反映されないので、諦めて投稿してみたら反映された。

 

このように投稿画面とプレビュー画面には、反映されていないこともあるので一度テスト的に投稿してみると解決することが多いようだ。

 

あとパーマリンク設定を変更したら、今までの記事のリンクも変えないといけないし、

私のサイトでは、パーマリンク設定でカスタム構造にしたはずなのに、もう一度パーマリンク設定に戻って見てみたら、数字ベースに戻ってるってこともあった。

他のサイト(自分のサイト)も確認してみたら、全部数字ベースになってたから、驚いた。

でも数字ベースと今回した設定って、そもそもそんなに変わらないようだから、スルーした。

それにきっとこういうものなのだろう。

 

投稿ページと固定ページとカテゴリーページのパーマリンク設定を手動で設定する方法

 

もし投稿ページの数字ベースの表記(/archives/1)が気に入らない人は、URLを手動で設定する方法をおすすめする。

 

設定する方法

 

まずさっきしたように管理画面からパーマリンク設定に飛ぶ。

飛んだら、こんな画面になる(下記)そこで投稿名を選ぶ。

 

 

選んだら、変更を保存をクリックする。

 

投稿ページを手動で設定する方法

終わったら次は、URLを変更したい投稿ページにとぶ。

 

 

そうしたら投稿ページにも、固定ページと同じようなパーマリンク設定を手動で変更できるよう、「編集ボタン」が表示される。

 

 

後は「編集ボタン」をクリックして、自分の好きな文字(ローマ字など)を入力して「OKボタン」をクリックする。

 

 

これで投稿ページのパーマリンク設定が変更された。

ちなみにURLに表示している「92」というのは、ページに与えられたIDである(投稿画面の上のURLに”IDなんたら92”と書いてある)。

 

固定ページを手動で設定する方法

固定ページも同様の方法で変更が可能だ(上記で説明済み)。

 

カテゴリーページを手動で設定する方法

あと変更するのは、カテゴリーのページだけになった。

カテゴリーページは、数字ベースなどを選んでも変わらず日本語表記(URL)のままになっていると思う。

パーマリンク設定を、投稿名に変えても同じことだ。

 

設定する方法としては、管理画面から投稿、カテゴリーと進む。

そうするとこんな画面が出てくる(下記)。

 

 

そこでスラッグ部分を変更する。

私は下記のように変更した。

 

 

文字を変えたら更新ボタンをクリックする。

 

 

すると、上記のようにURLが反映される。

カテゴリーのパーマリンク設定では、自動で「/category/」が入力されるからわざわざ「category/」とキーボードで文字打つ必要はないのである。

 

これで、パーマリンク設定は全て自分でカスタマイズできるようになったのであった。

以上で、ワードプレスのパーマリンク設定についての解説は終了する。

 

Wordpress設定(テーマのインストール、初期設定、プラグイン)

Wordpress設定(テーマのインストール、初期設定、プラグイン)

Wordpressを無事サーバーにインストールし終えたら、次はWordpressの設定を行う。Wordpressの設定っていってもいったい何をするのか、簡単な流...

投稿 2017/02/20