ここでは、Google AdSenseへの登録方法(申請方法)について紹介する。

 

◆一次審査(個人情報の登録とサイト申請)

◆二次審査(コードを貼る)

◆報酬の発生によるPINコードの入力

◆銀行口座の登録

このような流れで紹介する。

 

アフィリエイトブログの始め方・作り方

(トップページ)

1 Googleアドセンスとは
3 アドセンス広告の設置方法
4 Googleアドセンスの注意事項

 

Google AdSenseの登録方法

 

Google AdSenseへの登録には、まず「グーグルアカウント」が必要になる。

下記の記事を読んでアカウントを作成しよう。

 

■*gmailのアカウントを作成する方法

 

で、グーグルアカウントを作成したら、次はGoogle AdSenseのサイトにアクセスする。

めがね
こちら(下記)から移動できます。

 

Google AdSense

 

一次審査

 

 

サイトに飛んだら、「お申し込みはこちら」ボタンをクリックする。

 

 

そうしたら、「アドセンスへようこそ」の画面になるので、さっき作ったアカウントでログインしている場合には、そのまま「はい」ボタンをクリックする。

 

 

すると、画面が変わる。

ここでは、ウェブサイト情報を入力する。

◆ウェブサイト

◆コンテンツの言語

の入力をしたら、「保存して次へ」ボタンをクリックする。

めがね
サイトやブログを持っていない方は、こちら(下記)のページに進んで下さい。

 

➡*レンタルサーバーの契約とWordPressのインストール方法

 

 

ここでは、連絡先情報の入力を行う。

それと、簡単な質問、アドセンスメール設定の入力も行う。

終わったら、「お申し込みを送信」ボタンをクリックする。

本来ならこれで、一次審査は完了である。

だがしかし、アドセンス審査の最新情報を見てみると、その後の流れは少し違うことになっている。

 

「お申し込みを送信」ボタンをクリック後の流れ

「お申し込みを送信」ボタンをクリックした後の流れとしては、

◆AdSense利用規約への同意

◆電話番号の確認(確認コードを送信)

◆確認コードを入力

以上で、一次審査が完了となる。

 

あとは、審査結果が出るのを待つことになるのだが、このままの状態で「二次審査」へと進むことが、最近では可能とも言われているから、注意である。

 

二次審査

 

ここでは、二次審査について紹介する。

 

一次審査に無事合格すると、グーグルアドセンスチームからメールが届くことになる。

内容としては、

 

お申し込みいただき誠にありがとうございます。

一次審査を通過いたしましたので、お知らせします。

アドセンスの管理画面にログインし、お客様のhttps://hikkirabo.comに広告コードを追加してください。

 

というような内容である。

あと、この審査合格メールは審査に通っているのに、送られてこない場合もあるから注意である。

 

最近では、

審査が無事に完了しました。

あとは、最初の広告ユニットを作成し、生成された広告コードをhttps://hikkirabo.comに挿入すれば、アカウントの有効化手続きが完了します。

「今すぐ利用を開始」

 

となっているようだ。

下記の場合には、「今すぐ利用を開始」ボタンをクリックする。

そうすると、画面上に「アドセンスのコードを貼るように」との指示が出てくるので、それに従って、<head>タグの直後に指示されたコードを貼り付ける。

 

アドセンスのコードを貼る

 

STINGER

STINGERの場合には、Wordpressの管理画面(ダッシュボード)から、「外観」、「テーマの編集」へと進む。

 

 

テーマの編集ページに進んだら、右側にある「ヘッダー」をクリックする。

 

 

そうしたら、そこで</head>タグを探す。

</head>タグを見つけたら、<head>~</head>内にアドセンスコードを貼り付けて「ファイルを更新」ボタンをクリックする。

 

これで、STINGERへのアドセンスコードを貼る作業は完了である。

めがね
アドセンスコードの挿入箇所は<head>~</head>内であれば、<head>タグの直後でなくても大丈夫です。

 

カエテンWP

ちなみに、カエテンWPの場合には、

サイト上のカスタマイズから、スクリプト・アクセス解析に進み、「その他のスクリプト」の欄にアドセンスコードを貼るのが良いのかもしれないが、間違っていたらすまん。

 

 

私は、カエテンWPでは審査を受けていないので、自信がないのである。

しかし他のサイトなどを見てみると、「<head>タグ内にコードを記入するための入力欄があるテーマの場合には、その場所で良い」といったことが書かれているのでたぶん大丈夫だと思うのである。

 

ただ、カエテンWPの「カスタマイズ用CSS」だと<head>~</head>内にはならないような気もする。

「その他のスクリプト」の</head>直前だと<head>~</head>内になると思う。

 

で、コードを貼ったら、「保存して公開」ボタンをクリックする。

 

 

あとは、アドセンスのコード画面に戻って、「自分でサイトにコードを貼り付けたか、コードの貼り付けを他の人にメールで依頼しました。」欄にチェックして、「完了」ボタンをクリックする。

 

これで、二次審査のお申し込みが完了する。

そして、数日後にはアカウントの承認メールが届くのである。

そうすれば、アドセンス広告を貼ることが可能になる。

 

アドセンス申請時に設定した審査用のコード(head内に設置したコード)は、アドセンスの審査に合格した場合には、外してもOK。
外さないと、勝手に広告が表示されたりする場合もあるので注意。

 

めがね
アドセンス広告の貼り方については、こちら(下記)の記事で紹介します。

 

グーグルアドセンスの広告の貼り方(Wordpress編)

 

報酬の発生によるPINコードの入力

 

アドセンス広告をサイトに設置後、報酬が1000円を超えた時点でグーグルアドセンスから、「PINコード」が送られてくる。

これは、個人識別情報(住所)の確認に使用する、とても大事なものになる。

そして、この「PINコード」には、入力期限も設けられているから、早めに確認コード(PIN)をアドセンス画面に入力することが大事である(6か月以上もの間、確認コードの入力を怠るとアドセンスのアカウントが剥奪される)。

 

PINコードの入力方法

PINコードの入力はアドセンスの管理画面から、「設定」、「アカウント情報」に進んで行う。

 

 

◆アカウント情報に進んだら、住所の確認の項目にある「住所の確認」をクリックする。

そうしたら、画面が「PINコードの入力」画面に切り替わる。

 

◆下記にある「PINコードの入力」欄に、グーグルアドセンスから送られてきた「PINコード」を入力する。

そして、「PINを送信」ボタンをクリックする。

 

これで、PINコードの入力は完了である。

 

銀行口座の登録(デポジットの入力)

 

PINコードの入力後は、銀行口座の登録を行う。

 

 

アドセンスの管理画面から「お客様のお支払いは現在保留されています。お支払いをお受け取りになるには、お手続きが必要です。」の項目にある「操作」をクリックする。

そうしたら、「お支払い情報を追加」画面になるので「銀行口座情報」を入力する。

終わったら、「保存」ボタンをクリックする。

 

これで、銀行口座の情報登録は完了である。

次は、デポジットの入力を行う。

 

デポジットの入力方法

銀行口座情報の登録後、数日から一週間程度の間にグーグルアドセンスから「デポジット(お金)」の入金が行われるので、アドセンスからの振り込みを確認したら、その金額をアドセンスの管理画面に入力しなければならない(この時、グーグルアドセンスからいくら振り込みが行われるかは、わからない、ちなみに、私の場合には数十円だった)。

 

 

デポジットの入力は、アドセンスの管理画面から「操作」に進んで行う。

なので、「操作」をクリックする。

すると、画面が「Googleからのデポジット入金の確認」画面になるので、「金額を選択」項目からデポジットの金額を選択して、「確認」ボタンをクリックする。

 

これで、デポジットの入力は完了である。

以上で、Google AdSenseへの登録(申請)は完了である。

やったったー

 

Googleアドセンスのやり方(始め方)と稼ぐ方法

Googleアドセンスのやり方(始め方)と稼ぐ方法

このページでは、Googleアドセンスについてかなり詳しく紹介する。下記のような流れで紹介する。GoogleアドセンスとはGoogleアドセンスとは何ぞ!Goo...

投稿 2017/03/30

 

関連記事

 

Googleアドセンスの審査に通らない理由(落ちた原因と対策)