ここでは、ヨメレバの使い方(Amazonやkindle、楽天ブックスを利用する方法)について紹介する。

 

アフィリエイトブログの始め方・作り方

(トップページ)

1 アフィリエイト記事とは
2 売れる文章(ランディングページ)の書き方
3 ランディングページの書き方のコツ
4 集客方法

 

*「カエレバ」「ヨメレバ」の活用

カエレバの使い方(amazonと楽天のアフィリエイトリンクの作成方法)
カエレバにYahoo!ショッピングボタンを追加する方法
ヨメレバの使い方(Amazonやkindle、楽天ブックスを利用する方法)
カエレバとヨメレバのカスタマイズ方法(カエテンWPとSTINGER8)

 

ヨメレバとは

 

ヨメレバとは何か?

ヨメレバとは、「かん吉氏」が提供するブログパーツのことである。

で、以前紹介した「カエレバ」というブログパーツと同様に、この「ヨメレバ」でも複数ショプヘの紹介リンクを作成できるのである。

 

ヨメレバの特徴としては、

・Amazon

・kindle

・楽天ブックス

などの書籍に特化した、紹介リンクを作成できるところである。

 

登録方法

 

では、ヨメレバを使いたい場合には、簡単な登録作業を行う必要があるので、まずはヨメレバのサイトに移動しよう。

こちらからどうぞ(下記)

ヨメレバ

 

 

サイトに移動したら、下記にスクロールしてみる。

・サイト名

・AmazonアソシエイトID

・楽天アフィリエイトID

などの入力フォームがあるので、ここにそれぞれ入力していく。

IDの確認方法については、下記を参照。

 

AmazonアソシエイトIDの確認方法

 

 

AmazonアソシエイトのIDの確認方法としては、Amazonアソシエイトの管理画面に移動すると上部の項目に「アソシエイトID」の欄があるのでそこで確認できる。

こちらからどうぞ(下記)

Amazonアソシエイト

 

楽天アフィリエイトID(生成リンクから抽出タイプ)の確認方法

 

楽天アフィリエイトのIDの確認方法としては、まず楽天アフィリエイトの管理画面に移動する。

こちらからどうぞ(下記)

楽天アフィリエイト

 

 

移動したら、上部にある「ページのURLを入力」欄に下記のURLを入力して、

「リンク作成」ボタンをクリックする。

 

 

クリック後は、「URLからリンクを作成」画面に移動するので、下記にスクロールして「ソースをコピーして掲載する」の項目からIDを確認できる。

楽天アフィリエイトのIDは、「https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/ ~ /?」の「~」部分になる。

コピーして、入力フォームに貼り付けよう。

 

ID確認後

 

 

IDの入力後は、

「サイト名」と「Amazonアソシエイトor楽天アフィリエイト」のIDが、入力されているのを確認したのち、下記にスクロールして「保存」ボタンを押す。

これで、ヨメレバへの登録作業は完了する。

 

*2017年11月12日追記

 

2017年の11月7日に楽天市場のアフィリエイトリンクの変更があった。

 

 

サイトに飛べばわかることであるが、2017年末で今まで使用していた楽天アフィリエイトのIDは使用できなくなる。

 

 

これからは、楽天Webサービス用のアフィリエイトIDを新たに入力して使用するので、これからヨメレバを利用する方は、楽天の所では「楽天Webサービス用のアフィリエイトID」だけを入力しよう。

 

以前から愛用している方は、めんどくさいかもしれないがまた新たに「楽天Webサービス用のアフィリエイトID」を追加する必要がある。

 

楽天Webサービス用のアフィリエイトIDの確認方法

 

楽天Webサービス用のアフィリエイトIDの確認方法としては、「楽天Webサービス用のアフィリエイトIDを利用します」の横にある「調べ方」をクリックする。

 

 

クリック後は、楽天会員ログインの画面が表示されるのでこれにログインする。

ユーザIDとパスワードを入力して、ログインボタンをクリックする。

 

 

すると、画面上に自分の楽天アフィリエイトIDが表示されるので、それをコピーして、ヨメレバのサイトに戻る。

 

 

サイトに戻ったら、「楽天Webサービス用のアフィリエイトID」の所にさっきコピーしたIDを貼り付ける。

 

 

最後に下記にスクロールして「保存」ボタンを押す。

これで、ヨメレバへの登録作業は完了する。

 

商品リンクを作成する方法

 

ヨメレバへの登録後は、実際にヨメレバを使って商品リンクを作成する。

で、商品リンクを作成する方法には、二通りのやり方がある。

 

ヨメレバのサイトで商品を検索する方法

 

一つ目は、ヨメレバのサイトから直接商品を検索する方法である。

ヨメレバのサイトに移動しよう。

 

 

サイトに移動したら、上部にある「書籍キーワード」の欄に「書籍の正式名称」を入力して「検索」ボタンをクリックする。

ここでは、「夜は短し歩けよ乙女」と試しに入力してみる。

 

 

すると、「夜は短し歩けよ乙女」の検索結果が表示される。

この中から、紹介したい書籍を選択する(ブログパーツを作るをクリック)。

 

 

あとは、「ブログパーツ生成」の欄を上記のように設定してもいいし、自分で好きなように編集してもいい。

設定が終わったら、「表示」ボタンをクリックして「プレビュー画面」を表示させよう。

 

ちなみに、「ISBN/JAN」は自動で入力されるからいじる必要はない(ISBNは書籍を特定する番号である)。

 

それと、「rel=nofollow」を設定する場合ですが、これは昔だったら「設定しない方が良いよ」的なことを言われていたのだが、現在だと「SEO的に見ると設定した方が良い」と言われている。

なので、SEO対策するなら設定しておいた方が良いと思われる。

 

 

プレビュー画面が表示されたら、自動で生成されたコードをコピーしてサイトやブログに貼ろう。

 

ヨメレバのブックマークレットを利用する方法

 

二つ目の方法としては、ヨメレバの「ブックマークレット」を利用する方法がある。

やり方を説明するので、ヨメレバのサイトに移動しよう。

ちなみに、「ブックマークレット」を簡単に説明すると「お気に入りの機能+簡易的なプログラム」のことである。

 

 

サイトに移動したら、下記にスクロールして「利用方法」の項目にある「ヨメレバブックマークレット」を上記のようにドラッグして、お気に入りバーに移動させよう。

 

 

無事に移動が完了すると上記のようになる。

 

そうしたら、あとは普通に「Amazon」で買い物する要領で、Amazonのサイトに移動してAmazonで商品を検索する。

こちらからどうぞ(下記)

Amazon

 

 

紹介したい商品ページを開いたら、さっき追加した「ヨメレバブックマークレット」をクリックする。

 

 

すると、ヨメレバのサイトに飛ばされ、

Amazonで表示していた書籍ページが、ヨメレバのページに自動で反映される。

あとはプレビュー画面に、自動で生成されたコードをコピーしてサイトやブログに貼るだけである。

 

作成したコードをブログやサイトに貼ってみた

 

で、ヨメレバのコードを実際に貼ってみると、下記のように表示される。

 

 

ちなみに、これはヨメレバのボタンをカスタマイズしたバージョンである。

「これで、コンバージョン率アップは間違いなし」である。

コンバージョン率アップやぁーー!!

 

以上で、ヨメレバの使い方(Amazonやkindle、楽天ブックスを利用する方法)についての解説は終了する。

 

 

アフィリエイト記事(ランディングページ)の書き方と作り方ページに戻る

 

関連記事

 

カエレバの使い方(amazonと楽天のアフィリエイトリンクの作成方法)

カエレバにYahoo!ショッピングボタンを追加する方法

カエレバとヨメレバのカスタマイズ方法(カエテンWPとSTINGER8)