• 投稿 2017/06/06
  • 日記

 

Aさん

セミリタイアなんて、余裕っすよ。

 

Aさんのセミリタイアとその後

30代のAさんが勤めていた職場(正社員)をセミリタイアしました。

彼の元手は1000万円だったそうです。

その後、彼はまた社畜として働きだしたそうです。

 

1000万円でのセミリタイアは無理ゲー

私もセミリタイアする前は、1000万円でもあればセミリタイアしてやると思っていたが、1000万円あっても現実には、働かないと年金受給までの間に餓死してしまう。

そうまったくもって無理ゲ―である。

ただし1000万円を上手に運用し、アルバイトなどの簡易的な仕事をこなしながらなら、なんとかギリギリでやっていける状態である。

しかしこれでは貯金もなんにもできないし、贅沢をすることもできないから辛くなる。

常人にとっては、クリア不可能なゲームを永遠にやらされているのと同じである。

 

仮に1000万の資金でセミリタイアしたとしよう、始めは何とかなると思っていても日に日にお金がなくなっていく。

一人暮らしなら、田舎でも毎月10万円以上はかかるのである。

実家に寄生するなら、税金と親への貢物がいる。

 

資産運用

賢い人なら1000万円あるなら資産運用をしよう、と考えるだろう。

この場合には、不動産にする。

 

不動産なら、よほどのダメ物件を掴まない限りは安定して資産を築いていけるが最初の資金が1000万しかないなら、ある程度規模の大きいアパートなどは買えないし、買えたとしてもボロ物件でリフォームが必要になる。

だから、アパート経営は断念するしかない。

 

 

そこで今度は、「戸建運用」に乗り出すことになる。

戸建ならアパートよりも安価で購入できるからである。

しかし、その場合には毎月の収益はあまり期待できない。

利回りは良くて10%~15%くらいだろうか。

悪い場合には、これがもっと落ちる。

 

つまり、1000万円を戸建住宅として運用すると良くて毎月10万円が振り込まれる。

そうなると到底この10万円だけでは普通の生活ができないので、もう一度働くことになる。

ただし、この間に自分の考え方を改め直して

「1000万円では生活ができないから、在宅で副業でもしよう」

という気持ちになって、副業に取り組めば「家賃収入+在宅ワーク」の収入で毎月15万円~20万円くらいにはすることができるから、1000万円でセミリタイアしたい人は必ず何かしらの副業をしなくてはならない。

じゃないとセミリタイアなんて、到底できないのである。

めがね

こちら(下記)の記事では、家でできる副業を比較しています。

参考にしてみてください。

 

家でできる仕事(副業)で稼ぐ方法

家でできる仕事(副業)で稼ぐ方法

このページでは、ゼロから初めて月収30万円!(2018年➡月収35万円)を稼いでいる引きこもりの私が、家でできる仕事(副業)で稼ぐ方法を紹介します。あと引きこも...

投稿 2017/02/22

 

2000万円でセミリタイアしたらどうなる

 

 

で、セミリタイアする前に2000万円くらい貯めといてそれからセミリタイアすれば、

家賃収入20~25万円+在宅ワークの収入10万円

で毎月30~35万円くらいは振り込まれるようになる。

そして、出費を最低限に抑えることで貯金が毎月20~25万円くらいはできるようになって、最終的には毎年不動産が購入できるほどにリッチになる。

 

そうなると、月収100万円もそう遠くない未来に達成できるし、他の事業に手を出すことも可能になってどんどんお金持ちなることができるから、セミリタイアするなら2000万円くらいは貯金してからの方が良いのである。