ここでは、GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定する手順とコツについて紹介する。

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方

 

まず、GoogleAdwordsキーワードプランナーを使う際には、GoogleAdwordsにログインしなければならないので、GoogleAdwordsキーワードプランナーに飛ぶ。

こちらからどうぞ(下記)

 

GoogleAdwordsキーワードプランナー

 

 

サイトに飛んだら、上部にある「ログイン」をクリックする。

 

 

そうしたら画面が「キーワードプランナー」に切り替わる。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」から、「フレーズ、ウェブサイト・・・」という項目をクリックすると、下記のような入力欄が表示される。

これで、キーワードプランナーが使用可能となる。

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーでキーワード選定する手順とコツ

 

 

ここでは、気になるキーワ―ドとか、記事にするためのキーワードを入力して、キーワードの候補を取得することができる。

要するに、「詳しい検索ボリューム」や「関連するキーワードのデータ」が見れるわけである。

 

 

試しに「ヨーグルト」と入力してみる。

入力する際には、「宣伝する商品やサービス」の欄に入力する。

そして、「候補を取得」ボタンをクリックする。

 

 

すると画面が変わり、「ヨーグルト」の「月間平均検索ボリューム」「競合性」などのデータが表示される。

そして、下記にスクロールすると「ヨーグルト」に関連する他のキーワードデータも見ることができる。

 

ちなみに、黒の矢印にカーソルを持っていくと、ヨーグルトの「一年間を通しての月間検索ボリューム」が見れるので、賞味期限の無いキーワードを選びたい際には、大まかな検索需要をここで必ず確認しておく。

 

キーワードデータの見方

 

キーワードデータの見方としては、

:キーワード

:月間平均検索ボリューム

:競合性

:一年間を通しての月間検索ボリューム

 

を主に見ることになる。

 

キーワードと月間平均検索ボリューム

キーワードを見る場合には、1語~3語なのか、「ビックワード」「ミディアムワード」「スモールワード」なのかを、「月間平均検索ボリューム」と並行して見ていく。

もちろん、検索ボリュームが多いほどアクセスが多いキーワードとなる。

 

競合性

そして、「競合性」については、これは広告主側から見た競合性になっている。

つまり、「競合性」が高いほど広告主は多くの広告費を支払うことになるのである。

競合性は、「高」「中」「低」の3つで表示される。

 

競合性は、「高」になるほど収益性が高いキーワードを意味しているので、必然的にキーワードを巡る争いは困難を極めることになる。

 

一方でこれが「低」になると、収益性が低いキーワードになるために、アフィリエイトサイトなどのライバルサイトがほとんどいない場合も考えられることから、攻略の難易度は低くなるのである。

 

中に関しては、「高」と「低」の中間であるからして、それなりの難易度を示している。

 

一年間を通しての月間検索ボリューム

「一年間を通しての月間検索ボリューム」でわかることは、ワードの賞味期限や季節ネタであるかどうかである。

例えば、検索ボリュームが「2000」となっていても、「一年間を通しての月間検索ボリューム」を見て見たら、「夏に異常に検索ボリュームが増える」といったことがわかったり、逆に「夏以外は、全く検索ボリュームがない」といったことを確認することができるようになっているのである。

 

関連キーワードで気になるワードを見つけた場合

 

 

もし、関連キーワードで気になるワードを見つけた場合には、

 

 

上部にある「宣伝する商品やサービス」の欄に、改めてキーワードを入力する。

ここでは、「カスピ海 ヨーグルト」と入力する。

入力したら、「候補を取得」ボタンをクリックする。

 

 

そしたら、「カスピ海 ヨーグルト」のデータが表示される。

 

私としては、もっとニッチなキーワードがいいので、下記の関連するキーワードで他に良いワードがないか探してみる。

 

 

すると、ちょうど良いワードが見つかる。

「カスピ海 ヨーグルト 効果」というワードだ。

 

これは3語のスモールワードで、月間平均ボリュームも「2000以上」あり、競合性も「低」となっている。

あと「一年間を通しての月間検索ボリューム」にも問題がなければ、このキーワードを選んでもいいということになる。

 

ちなみに、選定したキーワードは簡易的にでもいいので、一度検索エンジンで検索してみることをおすすめする。

検索エンジンに「カスピ海 ヨーグルト 効果」と入力して、検索ボタンをクリックしてみる。

 

 

すると、このように表示される。

この場合、「ameblo」の記事が上から3番目の順位で表示されているので、このキーワードでの上位表示が可能性としては高くなる(amebloなどの記事は、SEO的に弱い場合が多いため)。

 

キーワード選定で大事なポイントは、

「このキーワードだったら上位表示できるんじゃね」といったキーワードを選定することである。

じゃないと、いくら記事を書いてもPVが増えないので気を付けよう。

以上で、GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定する手順とコツの解説は終了する。

 

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

このページでは、稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方について紹介する。雑記ブログとは雑記ブログとは何ぞ!雑記ブログは、要するに普通のどこにでもある、Wordpress...

投稿 2017/04/12

 

関連記事

 

トレンドキーワードの選定方法(探し方)

キーワードの難易度チェック|ライバルサイトのチェック方法とは