ここでは、GoogleAdwordsキーワードプランナーと、キーワードプランナーをAdwordsに登録して、無料で利用する方法について紹介する。

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーとは

 

まずGoogleAdwordsキーワードプランナーとは何ぞ!

これは、Googleのクリック型広告を使用する際に、広告主がキーワードの検索数を調べるために使用するものである。

そして、このキーワードプランナーは「Adwords」に登録することで誰でも使用することができる。

無料の「キーワードチェックツール」なのである。

 

キーワードプランナー

 

 

実際、キーワードプランナーを使用することで、Googleにおける月間の検索数値が把握できる。

ロングテールSEO(スモールワード)などの検索数も把握することができるので、自分の想像よりもより正確な人気度を把握できるのである。

 

またこのキーワードツールは、他のツールよりもかなり精度が高いので、キーワードツールといったら、Googleの「キーワードプランナー」とまで言われるほどの代物なのだ。

つまりは、SEO対策に絶対に欠かせないものなのである。

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーが使えない

 

だがしかし、最近ではこのキーワードプランナーが使用できなくなる、という事件が起きている。

原因としては、Googleがキーワードプランナーを有料化にしたもよう。

なので、絶対にキーワードプランナーが使用したいって場合には、「GoogleAdwordsに広告出稿(数百円でも可)」しなければならないのである。

 

ただ、無料では「まったくもって使えない」というわけでもなく、ある程度の数値を把握することは可能なので、そこまで検索数値を気にしないって人は、無料のまま使用しても良いと思う。

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーを無料で使えるようにする方法

 

では、キーワードプランナーを無料で使用するための手順を紹介する。

 

GoogleAdwords(キーワードプランナー)への登録

 

まず、キーワードプランナーを使用するには「GoogleAdwords」への登録を行う必要がある。

なので、「GoogleAdwords」へ飛ぶ。

こちらからどうぞ(下記)

 

GoogleAdwords

 

ちなみに、Googleアカウントの取得(Gmailの取得)をしていない人は、こちらのページでGoogleアカウントを作成しよう。

 

■*gmailのアカウントを作成する方法

 

 

で、GoogleAdwordsに飛んだら、トップページにある「ご利用開始」のボタンをクリックする。

 

 

すると、画面が変わるので、

「メールアドレス(Gmail)」と、「ウェブサイトのURL」を入力しよう。

メール配信を希望する場合には、「メール配信を希望する」にチェックする。

入力が終わったら、「続行」ボタンをクリックする。

 

 

そうしたら、こんな画面(上記)になるので「~GoogleAdwordsと比較」というところをクリックする。

 

 

ここでは、GoogleAdwordsを選択する。

「Adwordsに切り替える」のボタンをクリックする。

 

 

ここでは、最初のキャンペーンを作成するので、1~4の項目にそれぞれ入力を行う。

ちなみに、キャンペーンとは「Googleの広告」のことである。

 

下記では実際に予算などの入力を行うのだが、「無料バージョン」を利用する場合には、実際にお金を払うことはないので心配する必要はないのである。

 

 

1では、広告の予算を決める。

 

「300~500円」程度を目安に入力しよう。

終わったら、「保存」ボタンをクリックする。

 

 

2では、広告の掲載対象を設定する。

 

「日本」を選択して、「保存」ボタンをクリックする。

 

 

ネットワークでは、広告の表示場所(サイト)を選択する。

 

この場合基本的には、検索ネットワークのみでいいので「ディスプレイネットワーク」のチェックを外して、「保存」ボタンをクリックする。

 

 

キーワードでは、自分の広告が表示されるワードを選ぶ。

 

自動で選択されている場合には、そのまま「保存」ボタンをクリックする。

 

 

3では、広告の入札単価を設定する。

 

「指定された予算内で最大のクリック数を~」を選択して、「保存」ボタンをクリックする。

 

 

4では、自分のサイトの広告を作成する。

 

・ランディングページには、「広告がクリックされたときに表示したいページのURL」を入力する。

・広告見出し1と広告見出し2では、自分で好きな広告の見出しをつける。

・広告文は、サイトの紹介文(行動を促す文)のようなものを入力する。

 

 

キャンペーンの全ての入力が終わったら、「保存して次へ」のボタンをクリックする。

 

 

そうしたら、次はお支払い情報の入力を行う。

 

・請求先住所の国は「日本」

・タイムゾーンは「東京」

を選択する。

 

 

・アカウントの種類は「個人」

・名前と住所は、個人情報を入力する

・お支払いタイプは「手動支払い」

・お支払い方法は「振込」

を選択する。

 

あとは「Adwordsの利用規約に同意します。」にチェックして、「終了して広告を作成」ボタンをクリックする。

 

 

すると、画面に「銀行口座振込に必要な情報」が表示されるので、印刷しておく。

「印刷」ボタンを押して印刷が終わったら、「完了」ボタンをクリックする。

 

 

これで、Adwordsのアカウントが開設されたのである。

 

アカウント取得後は、実際にAdwordsへのログインを行う。

「管理画面を見る」をクリックしよう。

 

Adwordsへのログイン

 

 

「管理画面を見る」をクリックすると、Adwordsへのログインが完了する。

画面上には、「Adwordsへようこそ!」の画面が表示されていると思う。

ここは、説明を聞かなくてもいいので「×」をクリックする。

 

 

Adwordsへログイン後は、さっき作成した広告を停止させる作業を行う。

キャンペーンの項目にある、作成した広告(キャンペーン#1)の「緑色のドット」をクリックする。

 

 

そうしたら、

「一時停止」を選択する。

 

 

これで、広告を停止することができる。

つまり、料金が発生しないのでこの間は無料でキーワードプランナーの使用が可能になるのである。

 

 

キーワードプランナーを使用したい場合には、

Adwordsの管理画面から上部にある「運用ツール」を選択して、「キーワードプランナー」をクリックする。

 

これで、キーワードプランナーの「無料バージョン」を使用することが可能になる。

 

キーワードプランナー(無料バージョン)の使用方法

 

 

実際にキーワードプランナーを使用する場合には、

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」の項目をクリックする。

 

 

で、「宣伝する商品やサービス」の欄に気になるワードを入力する。

そして、「候補を取得」ボタンをクリックする。

 

 

これで、ワードの月間の検索数が把握できるようになるのだ。

ただし、この場合は「無料バージョン」なので月間平均検索ボリュームの欄は「1万~10万」といったように、大体の数値しかさしてくれないのが難点である。

であるからして、ワードの正確な数値が知りたい人はキーワードプランナーの「有料バージョン」を試した方がいいやもしれない。

 

以上で、GoogleAdwordsキーワードプランナーと、キーワードプランナーをAdwordsに登録して無料で利用する方法についての解説は終了する。

 

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方

このページでは、稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方について紹介する。雑記ブログとは雑記ブログとは何ぞ!雑記ブログは、要するに普通のどこにでもある、Wordpress...

投稿 2017/04/12

 

関連記事

 

GoogleAdwordsキーワードプランナーが使えない|有料で使用する方法とは