WordPressの設定が完了したら、早速ワードプレスで記事を作成すると思う。

ここでは、そうしたときに前もって知っておいたほうがいいことや、Wordpressの基本的な使い方(投稿方法)を紹介する。

紹介する流れ

◆ブログとブログ風サイトの違い

◆カテゴリーを作る(ブログ)

◆固定ページを作る(ブログ風サイト)

◆記事投稿の仕方

このような流れで紹介する。

 

ブログとブログ風サイトの違い

 

まず記事を書き始める前に、ブログとサイトの違いを知っておこう。

 

「自分はブログで行くのか、ブログ風サイトで行くのか」、ということはかなり大事な部分である。

じゃないと、あとからこの構造を変えるとなるとかなり大変だからである。

 

ブログ

 

ブログは簡単に言うと「投稿ページ」で作るものと考える。

 

ブログ風サイト

 

一方でサイト、ここで言うとブログ風サイト(Wordpressを用いて作られるサイトは、ブログ風サイトなどと言われている)なのだが、これは「固定ページと投稿ページ」が融合したものと考える。

下記のページでは、ブログとブログ風サイトの違いについて詳しく紹介しているぞ。

 

サイト(ホームページ)とブログの構造の違い

 

カテゴリーを作る(ブログ)

 

で、実際「自分はブログで行く」と決まったら、ブログの場合、最初にカテゴリーのページを前もって追加しておくと、「一定の方向性」が定まるのでおすすめである。

 

カテゴリーとは

 

そもそもカテゴリーとは何ぞ!

カテゴリーとは、ブログなどで投稿した記事を自動で分類する機能と考える。

カテゴリーを作る意味は、

◆方向性の再確認

◆ユーザーの利便性の向上

◆SEO効果

などが挙げられる。

そしてこのカテゴリーは、親と子の関係性を構築することができるのである。

 

 

仮に上記のようなカテゴリー分けを行った場合、「ゲーム」と「TV・映画」が親カテゴリーとなり、「ポケモン図鑑」と「発売情報」がゲームの子カテゴリーとなる。

もちろんだが、「映画最新情報」と「アニメ」は「TV・映画」の子カテゴリーとなる。

 

注意点

あと、このカテゴリー分けを行う際には、カテゴリーが多くなりすぎないように気をつけることも大事である。

増えすぎたカテゴリーは、ユーザーの利便性を損なうことにもなりかねないからである。

下記のページでは、カテゴリーの設定について紹介する。

 

WordPressの新規カテゴリーの追加方法

 

カテゴリーのSEOについて

WordPressのカテゴリーの設定方法とタグの設定方法

 

固定ページを作る(ブログ風サイト)

 

「自分はブログ風サイトで行くんだ!」

と決めた場合には、まず固定ページで最初の段階で構成をしっかりと決めることが大事になる。

なので、「ブログ風サイト」を作る人は、初期段階で固定ページを用いて大方の目次ページ(下書きページ)を作成する。

そうすることで、親と子の関係がごちゃごちゃになることを防ぐことにもなるし、サイト作成のモチベーションを保つことにもなる。

 

固定ページとは

 

 

そもそも固定ページとは何ぞ!

「固定ページ」とは、ブログなどの普通の投稿記事とは違うもので、ブログなどのように「時系列ではないページ」と考える。

ブログだけをしたい場合には、あまり意味のないページかもしれない。

例えば、

○○を買ったよぉー

 

などのレビュー記事は投稿ページで作り、

「お問い合わせページ」や「プロフィール」などの情報が変わらないものは、固定ページで作るのが一般的である。

ただし、ブログ風サイトの場合は、上記の図のように固定ページで多くの記事を書いていくので、固定ページの「親と子」の関係を初めに明確にしておかなければ、あとあと全てのURL(パーマリンク)の変更を余儀なくされる。

だからこそ、固定ページの目次作成は大事な工程である。

下記のページでは、ブログ風サイトの目次作成について紹介する。

 

ブログ風サイトの目次作成方法

 

記事投稿の仕方

 

では、カテゴリーと固定ページの目次が完了したところで、新規記事の投稿を始める。

だがその前に、投稿画面について紹介する。

 

ビジュアルエディタとテキストエディタ

 

WordPressの投稿画面(記事編集ページ)には、「ビジュアルエディタとテキストエディタ」が用意されているのだが、普段私たちが使うのは「ビジュアルエディタ」になる。

 

ビジュアルエディタ

 

ビジュアルエディタは、普通の文章を書くときに使う。

 

テキストエディタ

 

では、テキストエディタは全く使わないのかといえばそうでもない、こちらは、例えば

アフィリエイトをしようとしたときに、HTML(構造)とCSS(装飾)を打ち込むときに使う。

「YouTube」などもそうである。

だから、全く使わないことはない、アフィリエイトするなら頻繁に使うものでもある。

 

ビジュアルエディタの基本機能

 

ビジュアルエディタの簡単な説明をする。

項目の紹介

①見出しを作ることができる。

②文字を太字に変換する。

③斜体文字にする。

④「・」でリスト表示

⑤「数字」でリスト表示

⑥引用表示

⑦文字の行揃え

⑧URLのリンク設定

⑨記事を分割する「続きを読む」

⑩編集ツールの表示

 

テスト投稿の削除

 

あと、記事を作成する際には、デフォルトで公開されている記事(Hello world!)を消去しておくことが大事である。

管理画面(ダッシュボード)から、投稿、投稿一覧に進む。

 

 

「Hello world!」にカーソルを合わせ、ゴミ箱へ移動をクリックする。

 

 

ゴミが増えたことが確認できる。

これで、記事の消去は完了である。

下記のページでは、記事投稿について紹介する。

 

WordPressの記事の作成方法(記事投稿画面の使用方法)

 

 

次のページは、ツール設定(アクセス解析など)/監視者となるの巻。

アフィリエイトブログの始め方・作り方【初心者でもわかりやすいよ】

アフィリエイトブログの始め方・作り方【初心者でもわかりやすいよ】

ここでは、お金を稼ぎたい引きこもりである私がどうやってアフィリエイトブログを始めたのか、作ったのかを解説する。新着情報「アフィリエイト」なぜアフィリエイトで稼げ...

投稿 2017/02/14