ここでは、AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方について紹介する。

 

AdSense Plugin WP QUADSとは

 

 

AdSense Plugin WP QUADSとは、アドセンス広告を記事中などの好きな位置にショートコードで掲載できる便利なプラグインである。

 

サイトでは、

■Google Adsense広告に限定されず、あらゆる広告コードをサポートします。

 

■クイックAdSense v。1.9.2からすべての広告設定をインポートし、シリアル化されたオプションに変換します。

 

■クイックAdSenseのクイックタグは、クイックAdSenseのリロードと100%互換性があります

 

■クイックアドセンスがトラブルを起こした時のWPQUADSです。

 

出典:AdSense Plugin WP QUADS

などと紹介されている。

つまり、「AdSense Plugin WP QUADS」は、Quick Adsenseの予備プラグインとして考えるのが無難のようだ。

 

AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方

 

AdSense Plugin WP QUADSの設定方法としては、管理画面(ダッシュボード)から、「プラグイン」、「新規追加」へと進む。

 

 

そうしたら、画面が「プラグインを追加」に切り替わる。

右側にあるキーワードの検索欄に「WP QUADS」と入力する。

入力後は、AdSense Plugin WP QUADSの項目が画面に表示されるので、そこにある「今すぐインストール」ボタンをクリックする。

めがね
インストール時のバージョンは、1.7.6でした。

 

 

インストールが完了すると、画面に「有効化」ボタンが表示されるので、「有効化」ボタンをクリックする。

 

 

有効化が終わったら、画面上に表示される「Skip-GO to Settings」をクリックしよう。

これで、基本設定のページ(General & Position)に進むことができる。

 

General & Positionの設定(基本設定)

 

 

設定ページには、管理画面(ダッシュボード)から、「WP QUADS」へと進んで「Ad Settings」をクリックすることでも進めるのだ。

 

 

「General & Position」の設定ページでは、デフォルト設定が気に食わない方は変更しよう。

変更した方は忘れずに「変更を保存」ボタンをクリックしよう。

 

ちなみに私は、変更する点がなかったのでデフォルト設定のままにしている。

 

 

Limit Amount of ads:表示する広告数

 

・unlimited:無制限(アドセンス広告なので、3つとか4つとかに変更しておいた方が安全かもしれない)

 

Position – Default Ads:広告表示位置

 

・to Beginning of Post:記事上に表示

・to Middle of Post:記事中に表示

・to End of Post:記事下に表示

・right after the <!–more–> tag:more部分に表示・続きを読むタグに表示

・right before the last Paragraph:最後の文節前に表示

・After Paragraph:指定した節の後ろに表示

・After Paragraph:〃

・After Paragraph:〃

・After Image:指定した画像の後に表示

 

Visibility:表示対象

 

「ホームページ、カテゴリー、アーカイブ、タグ」

 

Post Types:ポストタイプ(デフォルトでOK)

 

「投稿ページ、固定ページ」

 

Quicktags:クイックタグの追加(デフォルトでOK)

 

追加する。

 

ads.txt – Automatic Creation:ads.txt – 自動作成

WP QUADSがウェブサイトドメインのルートにあるads.txtファイルを自動的に生成できるようにします(?より)。

 

AD CODEの設定(アドセンスコード)

 

 

「AD CODE」をクリックすると、アドセンスコードの設定ページが表示される。

ここでは、「Ad1~Ad10」にアドセンスコードを登録することができる。

登録する場合には、右の「矢印」をクリックしよう。

 

 

私は、上記のように設定した。

 

・Plain Text / HTML / JS

・スポンサーリンクとアドセンスコードを入力

Layout(レイアウト変更ができる)

・Default(デフォルト)

・ACTIVATE ON AMPは、チェックを外すことはできなかった。

 

「Ad1」の設定が終わったら、「Ad2」と「Ad3」も設定しておこう。

 

 

で、設定が終わったら「変更を保存」ボタンをクリックする。

これで、AD CODEの設定は完了である。

 

記事ページへのタグの貼り付け方法

 

大まかな設定が終わったら、次は記事にアドセンスコードを呼び出すタグを広告を表示したい箇所に張り付けていく。

 

ここでは、投稿ページでテストしてみる。

「投稿ページの一覧」に進んで、広告を貼りたいページをクリックしよう。

 

 

そして、アドセンス広告のタグを貼り付けるときには、「テキスト画面」から行う。

 

 

プラグインを有効化して、広告コードを登録することで、テキスト画面には、アドセンス広告のタグが複数表示されているはずである。

 

アドセンス広告のタグは表示したい場所にカーソルを持っていき、そこで上部にあるタグをクリックすればOK。

これで、アドセンス広告が表示されるようになる。

 

 

また、投稿ページ、固定ページの下にはアドセンス広告の表示、非表示を切り替える項目も備わっているので便利である。

 

・Hide all ads on page:すべての広告を非表示にする

・Hide default ads, use manually placed ads:デフォルト広告を非表示にする、手動で配置された広告を使用する

・Hide all ads in sidebar:サイドバー内のすべての広告を非表示

・Hide ad on beginning:初めの広告を非表示にする

・Hide ad in middle:中央の広告を非表示にする

・Hide ad on end:終わりの広告を非表示にする

・Hide ad after MoreTag:moreタグの後の広告を非表示にする

・Hide ad before last paragraph:最後の段落の前の広告を非表示にする

 

WIDGETS AD CODEの設定(サイドバー)

 

 

「WIDGETS AD CODE」をクリックするとサイドバーの設定も行える。

なので、サイドバーにアドセンス広告を表示したい方は、先程と同じ要領でアドセンスコードを登録しよう。

 

 

アドセンスコードの登録後は、ウィジェット画面に進もう。

 

 

アドセンスコードを登録したことで、ウィジェット画面に「WP QUADS」の項目が表示されるようになるので、それをサイドバーにドラッグ&ドロップで移動させる。

 

 

このように表示されればOKである。

 

 

ヒッキー
広告が表示されとる。

 

以上で、AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方についての解説は終了する。

 

関連プラグイン

Quick Adsenseの設定方法と使い方(アドセンス広告を記事中に入れることができるプラグイン)

 

ワードプレスのプラグイン設定の話

ワードプレスのプラグイン設定の話

ワードプレスでサイトやブログをするなら、必ず「プラグイン」という機能を使うと思う。そもそも、プラグインというツールは何なのか。プラグインは、WordPressの...

投稿 2017/02/16