ここでは、WordPressのバージョンアップ方法について紹介する。

 

WordPressのバージョンアップ

 

まずWordPressのバージョンアップとは、WordPressの更新になる。

サイトを開設した当初は何も問題はないのだが、時間が経つにつれある程度のスパンでワードプレスから更新を求められるようになる。

例えばこんな具合だ。

 

 

「WordPress ○.○.○が利用可能です! 今すぐ更新してください。」

 

これが管理画面(ダッシュボード)に常に表示されるから、気になってWordPressを更新してしまいがちだ。

 

だが更新したが最後、様々なトラブルに見舞われることも少なくないようだ(私は経験したことはないのだが、画面が真っ白になったりするらしい)。

オワタ・・・

人生オワタ

 

WordPressの更新を安全に行う方法

 

WordPressの更新を安全に行うには、

◆バックアップ
◆プラグインの更新
◆プラグインの停止
◆WordPressの更新
◆プラグインの有効化

という流れに沿って行わなければならない。

下記では実際に、WordPressの更新作業(バージョンアップ)をしてみる。

 

バックアップ

 

まず最初に行うバックアップに関しては、こちら(下記)の記事で紹介する。

 

WordPressのバックアップ方法

 

プラグインの更新

 

んで、WordPressの更新の前には、プラグインの更新もしなければならない。

じゃないと「500エラー」とかになるから要注意。

 

 

プラグインの更新は、管理画面(ダッシュボード)からインストール済みプラグインに進んで行う。

インストール済みプラグインに進んだら、上記にある「利用可能な更新」をクリックする。

 

 

ここでは、それぞれのプラグインの「更新してください」の「更新」部分をクリックする。

 

 

これで、プラグインの更新作業は完了である。

 

プラグインの停止

 

次は、プラグインの停止を行う。

インストール済みプラグインの画面から、上記にある「使用中」をクリックする。

 

 

そうしたら、今使用しているプラグインが全部出てくるので、これらを一括で停止させる。

停止させるには、プラグインをそれぞれチェックして、上記にある一括操作の欄を「停止」に変えて「適用」ボタンをクリックする。

 

 

これで、プラグインの停止は完了である。

 

プラグインのバージョン確認

ちなみに、今のプラグインが最新版のWordPressに対応しているかなどは、一応調べておいた方がいい。

あとで、不具合が起こったときにすぐに対処ができる。

 

 

調べ方は、インストール済みプラグインの画面から、それぞれのプラグインの項目にある「詳細を表示」で確認が可能だ。

 

 

WordPressの更新

 

WordPressの更新は、管理画面(ダッシュボード)であればどこでも可能だ。

 

 

私は、インストール済みプラグインの画面から「今すぐ更新してください」をクリックした。

 

 

更新画面に進んだら、まずこれから更新するのが「日本語版」であるかどうかを確認する。

「WordPress○.○.○ーja」

というように「ja」が追加されているのを確認してから、「今すぐ更新」ボタンをクリックする。

 

 

これで、WordPressの更新作業は完了である。

 

プラグインの有効化

 

最後はプラグインの有効化を行う。

管理画面(ダッシュボード)から、プラグイン、インストール済みプラグインに進む。

 

 

上記にある「最近まで使用」の欄をクリックする。

 

 

最近まで使用の画面になったら、有効化したいプラグインの項目にそれぞれチェックをする。

上記にある一括操作を「有効化」に変えて、「適用」ボタンをクリックする。

 

 

これで、プラグインの有効化は完了である。

 

WordPressに何か不具合があれば、今有効化したプラグインを怪しいものから停止してみたり、一括操作で有効化するのではなく、全部手動で有効化を行ってみる。

 

自動更新機能

 

ちなみにだが、私はこの更新作業はあまりしていない。

最初に作成したサイトは、一回は行ったが、その後は何もせずに放置している。

 

 

そうこうしてたら、WordPressチームからこのようなメールが届いた。

このメールによると、

「サイトをWordPress4.7.3へ自動更新しました」

となっている。

つまり、自分で更新作業をしなくてもいいということのようだ(このWordpressの自動更新機能は、Wordpress3.7バージョンからついた機能である)。

 

だが、もちろん最新バージョンにWordpressを自分でバージョンアップさせることは、ウイルス対策などにも役立つので早い段階で行うことが大事だが、プラグインなどとの相性もあるのであまり急いで、更新する必要はないのである。

最終的にはこのように、WordPressチームによって自動更新されるからである。

以上で、WordPressのバージョンアップ方法(サイトの更新作業)についての解説は終了する。

 

Wordpress設定(テーマのインストール、初期設定、プラグイン)

Wordpress設定(テーマのインストール、初期設定、プラグイン)

Wordpressを無事サーバーにインストールし終えたら、次はWordpressの設定を行う。Wordpressの設定っていってもいったい何をするのか、簡単な流...

投稿 2017/02/20

 

関連記事

 

WordPressのバックアップ方法

WordPressに「カエテンWP」と「STINGER」のテーマ(テンプレート)をインストールする方法