めがね

ここで紹介する設定は、「サーバー内に今さっきWordpressをインストールしたばかりだ」という方向けになります(記事投稿や画像などを設定している方向けではありません)。

 

ここでは、エックスサーバーで無料独自SSL設定の追加(https化)を行う方法を紹介する。

 

無料独自SSL設定の追加(https化)

 

まずは、エックスサーバーの「インフォパネル」へログインしよう。

 

 

インフォパネルへログイン後は、ご契約一覧の項目から「サーバーパネル」の欄にある「ログイン」ボタンをクリックする。

 

 

サーバーパネルにログイン後は、ドメインの項目から「SSL設定」をクリックする。

 

 

そうしたら、ドメイン選択画面が表示されるので、SSL設定をしたいドメイン名を確認して独自SSLが0個であることも確認して、横にある「選択する」をクリックする。

 

 

SSL設定画面では、「独自SSL設定の追加」をクリックする。

 

 

サイトの欄では、「www.tesutodesu.com」を選ぶ(自分のサイトのドメイン)。

ここでは、www付きで良いとのこと。

終わったら、「独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックする。

 

 

これで、独自SSL設定の追加は完了である。

ただ、独自SSL設定を追加後は設定が反映されるまで、最大1時間程度かかるとのこと。

私のときも実際、1時間くらいかかった。

 

なので「戻る」ボタンを押して、今現在のサイト状況を確認しておこう。

「戻る」ボタンをクリック。

 

 

前のページに戻ると、「すでに独自SSLが設定されています。」の文字を確認できる。

次は、「SSL設定の一覧」をクリックしよう。

 

 

画面に表示されている、「SSL用アドレス(https~)」をクリックしよう。

 

 

そうすると、まだ、設定が反映されていないのが確認できる。

 

ちなみに、1時間以上経過していて上記の画面が消えたにもかかわらず、まだ自分のサイトが表示されない場合には、パソコンにキャッシュ(ブラウザーが残していた前のページのデータ)が、残っていることがあるので、「F5キー」を押してサイトを再読み込みさせてみよう。

それでもダメなら、スーパーリロードを試してみると良い。

 

Google Chrome Windows( & Ubuntu など)

●Ctrl + F5

●Shift + F5

 

 

で、こんな感じに表示されればOKで、次の作業に進める。

 

WordPressの一般設定

 

httpsから始まる自分のサイトが無事に表示されたら、次はWordpressの一般設定の変更を行う。

 

 

httpから始まる以前のサイト管理画面(ダッシュボード)に、ログインしよう。

 

 

ログイン後は、設定に進み、「一般」をクリックする。

 

 

で、ここにある「Wordpress アドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を「https~」始まるURLに変更する。

 

 

両方のURLを「https」に変更する。

注意点として、必ず半角で入力すること。

 

入力が終わったら、「変更を保存」ボタンをクリックする。

 

 

保存後は、ログイン画面が表示されるので、「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」を入力して、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れて「ログイン」ボタンをクリックする。

 

 

ログインすると、URLが「https」になっていると思う。

 

 

ただ、今のままだと「https」と「http」のURLが存在することになる。

試しにURLの検索バーに、「http://自分のドメイン名」を入れて検索してみよう。

 

 

すると、上記のような画面が表示されると思う。

なので、これを「http://自分のドメイン名」と検索したときに自動で、「https://自分のドメイン名」に転送するような設定を行う必要がある。

 

リダイレクト設定(自動転送)

 

最後は、リダイレクト設定(自動転送)を行う。

 

 

「インフォパネル」から、ファイルマネージャーの欄にある「ログイン」ボタンをクリックする。

 

 

ファイル名の項目から、今さっきhttps化させたサイトを選択する。

 

 

「public_html」を選択する。

 

 

「.htaccess」の項目をチェックして、「編集」ボタンをクリックする。

 

 

そうしたら、このような画面が表示されるので、ここにリダイレクト設定(自動転送)をしてくれるコードを追加しよう。

 

出典:エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

 

上記のサイトを参考に、上記のコードを追加する。

 

 

コードを追加する際には、間を一行開けて上部の場所にコードを追加した。

無事にコードを追加できたら、「保存する」ボタンをクリックする。

 

 

「ファイルを編集しました。」と表示されればOK。

これで、リダイレクト設定(自動転送)は完了である。

 

 

作業が終わったら、試しに「http://自分のドメイン名」を検索バーに入力して、エンターキーを押してみよう。

 

 

すると、このように「https://自分のドメイン名」に自動で転送されるはず。

ヒッキー
転送されとる。

 

以上で、エックスサーバーで無料独自SSL設定の追加(https化)を行う方法についての解説は終了する。

 

レンタルサーバーの契約とWordpressのインストール方法

レンタルサーバーの契約とWordpressのインストール方法

アフィリエイトを理解したところで、次に行うことは、ブログもしくはサイトを作成することである。で、このアフィリエイトに適しているのが、Wordpressを用いて行...

投稿 2017/02/20