• 投稿 2017/07/11
  • 日記

 

サイトやブログを運営していると、たまにだがユーザーからお問い合わせメールが届く。

 

差出人:A
題名:○○
メッセージ本文:■初めまして~~
○○をみたんですけど・・・、○○の情報について教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

 

このような具合のメールが届く。

で、こうしたメールに回答メールを送信すると、ユーザーから「ありがとうございます。」の返信がくる。

 

そうするとこの場合の返信は、どうするかと悩むのである。

なのでここでは、そうした「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方について紹介する。

 

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方について

 

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方としては、様々だ。

なぜなら、シチュエーションにもよるからである。

 

一般的にみて「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」とは、お礼なので、その返答として代表的な言葉を下記で紹介する。

これを「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)に使用すればいいと思う。

 

例:仕事、上司、目上の人、謙遜、初対面の人

 

「どういたしまして」

「恐れ入ります」

「恐縮です」

「とんでもございません。お役に立てればうれしいです」

「とんでもないです」

「こちらこそ、お役にたてて、うれしいです」

「嬉しいお言葉、痛み入ります」

「こちらこそありがとうございます」

「どうというわけでもありません」

「気になさらないでください」

「お気になさらないでください」

「どうかお気になさらないでください」

「そのことでしたらお気になさらずに」

「喜んでいただけて幸いです」

「お役に立てて嬉しいです」

「お役に立てれば幸いです」

「お役に立てて良かったです」

「いえいえ、とんでもないです。至りませんで」

「他にもお手伝いできることがあれば、お申し付けください」

「光栄です!」

「こちら(私)こそいい勉強になりました。ありがとうございました」

「いえ、いえ・・」

「いえ、どういたしまして」

「また何かありましたら声掛けてください」

「参考になれば幸いです」

「ご丁寧にありがとうございます」

「ついでですから」

「こんどおごってください!」

「うれしいこと言ってくれますね」

「褒められて、鼻高々です」

 

例:友達・ライバル(敵対する相手)

 

「また何かあったら言ってね」

「また何かあったら遠慮なく聞いてね」

「気にしないでいいよ」

「頑張れよ!」

「また相談乗るよ!」

「こんどおごれよ!」

「その言葉忘れんなっ」

「そんなことは知らん」


 

このように「ありがとうございます、ありがとうございました」へのお礼への返答としては様々である。

なので、上司や初対面の人、目上の人に返信(返事)する場合には、丁寧に答えつつ、友達などには、くだけた言い方で返信(返答)した方がいいようだ。

 

ちなみに、私は「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」の返信(返事)を貰ったら、

「いえ、私は当たり前のことをしただけで、特別なことをしたわけではありません」

と謙遜してみようと思う。